登山用品 寝袋

2015年07月07日

HOME > 登山用品 寝袋

登山用品詳細

 名称  寝袋
 用途  寝るときに使う寝具
 詳細  耐寒性、重量、大きさなど数多くのモデルがあります。
登る時期、高度、体格などに合わせて自分に最適なものを選択してください。
様々な時期や高度に登る場合には複数必要になる場合が多いです。

 

■写真

こちらでは、ダウンのものを紹介します。

ほかにも化繊タイプがあります。

 

寝袋の使用時イメージです。スリーピングマットは自動膨張式です。

DSC05668

 

この寝袋は男性用なので長さも十分にあります。

DSC03344

モンベル社の寝袋(#0)で、冬の時期も使えるものです。
低温にも耐えれるように羽毛の量が多いのでボリュームたっぷりです。
そのため、重量も比例して重くなってます。

DSC03330

 

縦で見ると大きさがよくわかります。

DSC03328

 

このような場合には、圧縮する「コンプレッションバッグ」を使うと便利です。
この状態は圧縮する前です。
使用しているのはイスカ社製です。

DSC03332

 

圧縮すると、ここまで小さくなります。
重量は変わりませんが小さくすることでザック内の余裕が生まれます。

DSC03336

 

小さめの寝袋も紹介します。
こちらもモンベル社のもので真夏用の寝袋で薄手になっており
非常に軽く小さいモデルです。ちなみに「#7」です。

DSC03342

 

縦にしても小ささがわかります。
薄手のダウンジャケットと組み合わせると2,000Mクラスの初秋も対応出来ますが
明け方は寒くなる場合もあるので選択に注意が必要です。

DSC03340

 

 

 

 

東京から2時間※1 山梨を豪快に楽しみ尽くすための観光情報※1 電車の場合、新宿駅~甲府駅をJR東日本の特急利用の場合。自動車の場合、首都高新宿入口から中央高速道路甲府昭和ICまでを利用し、渋滞の無い状況を法廷速度で走行した場合。